Facebook、音声SNS「Clubhouse」と同様のサービスを開発中か − Twitterは「Spaces」のベータテストを拡大

日本でも数週間前から話題沸騰の音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」ですが、Facebookが同様のサービスを開発しようとしていることが分かりました。

これはThe New York Timesが匿名の関係筋からの情報として報じたもので、Facebookは「Clubhouse」と同様のサービスを開発するよう従業員に命じており、そのコードネームは「Fireside」と呼ばれていて、まだ開発の初期段階であることからコードネームは変更される可能性があるとのこと。

また、マーク・ザッカーバーグCEOも音声コミュニケーションの新しいプラットフォームに興味を示している模様。

さらに、Twitterも12月から一部ユーザーで実施している音声チャットルーム「Spaces」のベータテストの範囲を拡大しており、両社ともに音声コミュニケーションに力を入れようとしているようです。

なお、Twitterの「Spaces」は、ツイートやダイレクトメッセージで音声クリップを共有できる機能で、「Clubhouse」のようにユーザーがチャットルームを作り、他のユーザーを招待してリアルタイムで話すことも可能です。

参考 Facebook rumored to be working on Clubhouse competitor, Twitter expands Spaces beta9To5Mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。