Amazon、壁掛け可能でスマートホームのコントロールセンターとしても利用可能な新型「Echo」を開発中か

Bloombergが、計画に精通した関係者の話として、Amazonは掛けることができ、スマートホームコントロールパネルやビデオチャットデバイス、メディアプレーヤーとして機能する大型のタッチスクリーンを搭載した新型Echoデバイスを開発しているようだと報じています。

このデバイスはデジタルコマンドセンターとして設計されており、カレンダーのイベントを表示したり、照明や鍵などのアクセサリをコントロールしたり、音楽や動画を再生したりすることが可能で、壁にかけることが出来るように設計されている為、本体の厚みは既存の「Echo Show」よりもはるかに薄くなり、音声アシスタントのAlexaに加え、ビデオ会議用のマイクとカメラが搭載されているとのこと。

ディスプレイのサイズは10インチや13インチなどの複数のバリエーションが検討されており、10インチは現行の「Echo Show 10」と同等のものになるが、13インチはAmazonのディスプレイ付きデバイスとしては最大サイズになります。

なお、このデバイスは今年末か来年末に発売される予定で、価格は200〜250ドルの間で検討されているものの、計画はまだ初期の段階であることから、変更されたり、キャンセルされる可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。