「Android 12」のスクリーンショットが流出

XDA Developerが、Googleの次期Android OSこと「Android 12」のスクリーンショットを公開しています。

「Android 12」は今年後半の正式リリースに向け、今月後半より開発者向けのプレビュー版の提供が開始されると言われていますが、スクリーンショットはGoogleが「Android 12」の変更点をまとめた内部資料から明らかになったもので、これらスクリーンショットの信憑性を確認することは出来ないものの、複数の実績がある筋から入手したものだそうです。

「Android 12」では、通知パネルのUIが変更され、背景の透明度がなくなり、ライトベージュのカラーリングが特徴となっています。また、各通知がより丸みを帯びたデザインになった他、クイック設定のタイル数が6個から4個に減り、各アイコンが大きくなっています。

画面右上にはプライバシーインジケーターが新設されており、アプリがカメラやマイクを使用している時に、ステータスバーのインジケーターでその事を示すようになる模様。

さらに、ウィジェットにも改良が加えられるようで、新しい「Conversations」という、最近のメッセージや不在着信、アクティビティのステータスをまとめて確認出来るウィジェットが用意されるようです。

1 COMMENT

匿名

うーん、誰得機能や余計な変更だな。
最近のAndroidアップデートはこんなのばっかり。

返信する

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。