Twitter、広告への依存度緩和の為に「TweetDeck」の有料化など様々な有料オプションを検討か

Bloombergによると、Twitterが公式クライアントアプリ「TweetDeck」の有料化などを検討していることが分かりました。

現在、Twitterの収益の大部分は広告収入となっていますが、広告への依存度を緩和する方法として、サブスクリプションオプションの提供を検討しているようです。

この計画は数年前から検討されてきたもので、開発チームは多くのサブスクリプションサービスを検討しており、検討されているアイデアの中の1つは「チップ」に関するもので、フォローするユーザーの非公開コンテンツを有償で閲覧可能にするといったものになるようです。

また他にも、公式クライアントアプリ「TweetDeck」の有料化や、送信取り消し機能やプロフィールのカスタマイズオプションのような追加機能を有料で提供するといったことも検討されているようです。

なお、CNETによると、同社は今後数年で収益源を広告以外に多様化するための調査や実験を行う予定であることは認めたものの、年内に収益モデルが大きく変更されることがないことも明らかにしていることから、早々に大きな変化がある訳ではないようで、検討だけで終わる可能性もあります。

TweetDeck

2 COMMENTS

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。