Anker、モバイルバッテリーとUSB急速充電器一体型の新モデル「PowerCore Fusion 10000」を発売

本日、Ankerが、USB急速充電器/モバイルバッテリーの一体型モデル「Anker PowerCore Fusion 10000」を発売しました。

「Anker PowerCore Fusion 10000」は、USB急速充電器とモバイルバッテリーの2役を1台で担えることで人気を博しているAnker PowerCore Fusionシリーズの最上位モデルで、Amazonにて約8,300件のカスタマーレビューと平均★4.5を獲得している「Anker PowerCore Fusion 5000」と、USB Power Delivery対応の「Anker PowerCore III Fusion 5000」の魅力をそのままに、約10000mAhの大容量バッテリーの搭載とiPhone12シリーズの充電にも最適な最大20Wの高出力を実現したのが特徴です。

一体型となっていることから、コンセントに挿すだけで気軽に本体の充電ができ、1回の満充電でiPhone 12を2回以上充電可能で、また、USB Power Deliveryへの互換性を高めたAnker独自技術のPowerIQ 3.0(Gen2)搭載のUSB-CポートとPowerIQ搭載のUSB-Aポート(最大12W出力)の計2ポートを備えているため、USB急速充電器としても、モバイルバッテリーとしても、より幅広い機器へのフルスピード充電が可能となっています。

なお、価格は4,790円(税込)ですが、Amazonでは初回2,000個限定で20%オフの3,832円(税込)で販売されています。

Anker PowerCore Fusion 10000 – Amazon
Anker PowerCore Fusion 10000 – 楽天市場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。