「Google ドライブ ファイル ストリーム」は4月にM1チップ搭載Macに対応へ − 「バックアップと同期」は対応済み

GoogleがGoogle Workspace(旧 G Suite)向けに提供している「Google ドライブ ファイル ストリーム」は現在はM1チップ搭載Macに対応していないのですが、今年4月にM1チップに対応する予定であることが分かりました。

「Google ドライブ」にはパソコンとの同期方法として、個人ユーザー向けの「バックアップと同期」とビジネス向けの「ドライブファイルストリーム」の2種類があり、「バックアップと同期」はGoogle ドライブのコンテンツがパソコン上のコンテンツと同期され、パソコンにローカルで保存されますが、「ドライブファイルストリーム」はすべてのファイルとフォルダがクラウドからストリーミングされ、ディスクの空き容量とネットワーク帯域幅を解放可能です。

「バックアップと同期」は既にM1チップ搭載Macに対応しているものの、「ドライブ ファイル ストリーム」はまだM1チップ搭載Macにはまだ対応していないのですが、2021年4月にリリース予定の「Google ドライブ」アプリのバージョン47.0で「ドライブ ファイル ストリーム」もM1チップ搭載Macに対応するとリリースノートのページで案内されています。

Google ドライブ
バックアップと同期、ドライブ ファイル ストリームの違い – Google

[via 9To5Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。