「iPhone 13」では全てのモデルがセンサーシフト式手ブレ補正機能を搭載か

MacRumorsによると、DigiTimesが、Appleが今年発売する新型「iPhone」こと「iPhone 13」シリーズでは、全てのモデルにセンサーシフト式の光学式手ブレ補正機能が搭載されると報じていることが分かりました。

業界筋によると、2021年後半に発売される予定の「iPhone 13」シリーズは、全てのモデルがセンサーシフト式手ブレ補正技術を搭載するとのこと。

センサーシフト式の光学式手ブレ補正機能は、現在は「iPhone 12 Pro Max」の広角カメラにのみ搭載されており、「iPhone 13」シリーズの全てのモデルに搭載される場合、広角カメラに限定されるのかなどの詳細は不明です。

ただ、Apple関連の情報で多数の実績があるMacお宝鑑定団Blogは、先日にセンサーシフト式手ブレ補正機能は「iPhone 13」では「Pro」シリーズにのみ搭載される可能性があると報じており、”無印”と”Pro”モデルの差をつけるために「iPhone 13 Pro」シリーズにのみに限定される可能性の方が高そうな気もしますが…。

「iPhone 13」シリーズ、基本的なデザインは変わらないもののリアカメラやノッチ部分に設計の変更がある模様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。