Apple、「iOS 12.5」の「SHSH」の発行を終了

本日、Appleが、「iOS 12.5」のSignature Hash(SHSH)の発行を終了した事が分かりました。

「SHSH」とは、簡単に言うと「iOS」の復元時に必要な復元許可証みたいなもので、アップデートやダウングレード時に必要となっています。

今回、「12.5」のSHSHの発行が終了した事により、今後は「12.5.1」以降にしか復元できず、「iOS 12.5」へのダウングレード出来なくなったことを意味しています。

なお、この「iOS 12.5.x」は「iPhone 5s」や「iPhone 6」などの一部の旧型デバイス向けに配信されているバージョンです。

[via iDB

Apple、一部の旧モデル向けに「iOS 12.5.1」をリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。