Microsoft、「Microsoft Lists」のiOS向け公式アプリを正式にリリース

本日、Microsoftが、「Microsoft Lists」のiOS向け公式アプリを正式にリリースしました。

「Microsoft Lists」は、「Microsoft 365」のスマートな情報追跡アプリで、「SharePoint」に搭載されていたリスト機能を発展させたものとなっており、課題や作業手順、連絡先、商品の在庫といった情報をなんでもリスト化し、社内で共有可能です。

「Microsoft Lists」は昨年5月に開催された開発者向けカンファレンス「Build 2020」で発表され、その時にウェブアプリとモバイルアプリを提供予定と発表されていましたが、iOS版がようやく公開されたことになります。

iOS向け公式アプリでは、リストにアクセスして編集したり、新しいリストを作成したりすることが可能で、オフラインでのリストの表示やダークモードにも対応しています。

なお、価格は無料で、下記リンク先よりダウンロード可能です。

Microsoft Lists – 公式サイト
Microsoft Lists – App Store
ニュースリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。