新型「Surface Pro」はビジネス・教育向けの「Surface Pro 7+」に

本日、Microsoftが、新型「Surface Pro」こと「Surface Pro 7+」を発表しました。

「Surface Pro 7+」は一般消費者向けではなく、法人および教育市場向けのモデルとなっており、外観デザインは「Surface Pro」から変わらないものの、Intelの第11世代Coreプロセッサ、4G LTEオプション、32GB RAM、交換可能なSSDが特徴で、価格は899ドルからとなっています。

処理速度は「Surface Pro 7」に比べて2.1倍になっている他、バッテリー駆動時間も大幅に向上しており、バッテリー駆動時間は「Surface Pro 7」が最大10.5時間なのに対し、「Surface Pro 7+」は最大15時間(Wi-Fiモデル)となっています。

主な仕様は下記画像の通りで、本日よりアジア、ヨーロッパ、北米の一部の市場の法人向け認定リセラーで注文受付が開始され、今週後半に出荷が開始されます。

[クリックで拡大]

なお、一般消費者向けの「Surface Pro 8」については今秋に発売されるようで、待っていたユーザーはもう少し待たなければいけないようです。

Surface Pro 7+ – Microsoft

[via Windows Central

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。