「Windows 10X」のRTM到達が遅れている模様

先月、Microsoftの新OS「Windows 10X」がRTM(Release To Manufacturing)に達したとの情報がありましたが、実際にはまだRTMに達しておらず、遅れていることが分かりました。

これはWindows CentralのZac Bowden氏が明らかにしたもので、12月の時点では「build 20279」が最終ビルドとみられていましたが、その後、新たなビルドである「build 20280」の存在が確認されています。

同氏の推測では、「build 20279」に何らかのバグが見つかったものと考えられ、テストおよび開発はまだ継続されており、OEMは今後数週間のうちに最終ビルドを受け取るものと予想されています。

なお、「Windows 10X」を搭載したデバイスは今春に出荷開始と言われています。

「Windows 10X」がRTMに到達か

「Windows 10X」搭載デバイスは2021年春に出荷開始か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。