「iTunes」が登場から丸20年を迎える

本日(現地時間1月9日)で、Appleのメディアプレーヤーアプリ「iTunes」が登場から丸20年を迎えました。

「iTunes」は、今から20年前の2001年1月9日に開催された「Macworld Expo 2001」で初版がリリースされ、現在ではバージョン”12″まで達しています。

ただ、2019年10月の「macOS Catalina」の登場とともに「iTunes」は3つのアプリに分けられるように廃止され、現在は旧バージョンのmacOS向けおよびWindows向けのみに提供が継続されています。

なお、当時の映像なので画質が悪く見難いですが、「iTunes 1.0」の発表時のジョブズ氏の基調講演の一部が下記動画。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。