次期「iPad mini」、狭額縁仕様でディスプレイサイズが8.4インチに拡大か

Macお宝鑑定団Blogが、中国のサプライヤーからの情報として、2021年3月に発表されると噂される次期「iPad mini」は、これまでの7.9インチディスプレイから、8.4インチディスプレイに変わる可能性があると報じています。

「iPad Air (第3世代)」のような狭額縁仕様となり、Touch ID、Lightningポートを継続採用する「iPad」とデザインが統一されるとのこと。

なお、「iPad mini」は2012年に初代が発売され、現行モデルで5代目ですが、これまでに一度もディスプレイサイズの変更はなく、ずっと7.9インチできましたが、ようやく変わるのでしょうか。

スポンサーリンク

関連エントリ

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな40代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。