Microsoftの「One Outlook」アプリが流出

The Vergeによると、Microsoftが「One Outlook」と呼ばれる新しいメールアプリをテストしていることが分かりました。

[via The Verge

これは同アプリの初期バージョンが流出したことから明らかになったもので、「One Outlook」が正式名になるのかは不明ですが、コードネームは「Monarch」とも呼ばれている模様。

流出したバージョンはあくまでMicrosoft社内のアカウントがなければ動作しないことから詳細は不明なものの、大画面での体験向けに再設計された「Outlook」の新バージョンとのことで、「Outlook」のウェブアプリがベースとなっており、Outlookのデスクトップ版(win32とUWP)、Outlook Web Access(OWA)、macOSのデスクトップクライアントを置き換えるものになるようで、Windows 10の標準のメール/カレンダーアプリも同アプリに置き換えられる予定。

Microsoftとしては複数のデスクトップ向けOutlookクライアントアプリをウェブベースで構築された1つのアプリにまとめたい意向で、WindowsでもMacでも同じユーザー体験を提供することを目指しているようです。

なお、Windows Centralによると、同アプリの正式なリリース時期は2022年になる見込み。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。