「Surface Pro 8」はWi-Fi 6に対応か − 同製品に搭載される可能性があるLTE/Wi-FiモジュールがFCCを通過

Microsoftは今月にも「Surface Pro 8」を発表すると噂されていますが、Windows Latestによると、その「Surface Pro 8」に搭載されるであろうLTEおよびWi-FiモジュールがFCC(米連邦通信委員会)の認証を通過したことが分かりました。

[画像はSurface Pro 7]

FCCが公開したドキュメントによると、「Surface Pro 8」はQuectelのLTE-A Cat 12 M.2モジュールを採用する可能性があり、別のドキュメントによると、「Surface Pro 8」はWi-Fi 6(802.11ax)とBluetooth 5に対応したIntelのWi-Fi 6 AX201アダプタを搭載する可能性があるとのこと。

なお、「Surface Pro 8」に関しては、これまでの情報からIntelの第11世代Coreプロセッサ(Tiger Lake)や最大32GBのRAMを搭載し、今月下旬か2月上旬に発表イベント無しで発表される可能性があると言われています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。