ソフトバンク、20GBで月額2980円の新ブランド「SoftBank on LINE」を発表 − 来年3月以降に提供へ

本日、ソフトバンクが、データ容量20GBで月額2980円(税抜)の新ブランド「SoftBank on LINE」を2021年3月以降に提供することを発表しました。

「SoftBank on LINE」はオンライン専用のブランドで、LINEモバイルをソフトバンクが完全子会社化および吸収合併し、ソフトバンクのブランドとして提供されます。

5分以内の国内通話無料が付属する他、eSIMに対応し、ネットワークはソフトバンクの4G/5Gが利用可能で、「LINE」アプリはデータ量フリーとなる「LINE がギガノーカウント」が用意され、「LINE」でさまざまな手続きが出来るようになる予定とのこと。

ニュースリリース(PDF)

3 COMMENTS

匿名

名称が紛らわしいがサイト見る限りソフトバンク提供でMNO回線なんだね
ビデオ通話がノーカンなのか不明だがLINE中毒者を取り込みたい思惑は分かる
でもヤフコメレベルの人間からは叩かれるだろうなあ

返信する
匿名

LINEモバイルのMVNO回線は3月で新規受付終了のソースもあって情報が錯綜している
どちらにせよ今後はMNO一本でやっていくのだろう

返信する
匿名

アハモとの違いはLINE無制限とeSIM対応くらい?
どちらも家族割にはカウントされずぼっち用って感じかな。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。