Adobe、Apple Siliconにネイティブ対応した「Premiere Pro」「Premiere Rush」「Audition」のベータ版をテスター向けに公開

MacRumorsによると、本日、Adobeが、パブリックベータテスター向けにApple Silicon(M1チップ)にネイティブ対応した「Premiere Pro」と「Premiere Rush」と「Audition」のベータ版をリリースしたことが分かりました。

Adobeが公開したドキュメントによると、「Premiere Pro」のベータ版でのApple Siliconのネイティブ対応は段階的に行われる予定で、第1段階ではカラー、グラフィック、オーディオなどのコア編集機能やワークフロー、プロダクション、マルチカムなどの機能がサポートされています。

また、ベータ版では既知の問題も明らかになっており、「MacBook Pro」のTouch Barとの互換性や書き出し中の推定のファイルサイズがおかしくなるなどの問題があるようです。

なお、これらアプリの正式版は2021年前半のリリース予定で、同社は2021年にはほとんどのアプリをApple Siliconにネイティブ対応させる事を明らかにしています。

[via Adobe

スポンサーリンク

関連エントリ

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。