ソフトバンク、20GBで月額2980円の新料金プランを明日発表へ − LINEモバイルを吸収合併か

ソフトバンクは明日午前10時より「新しい料金サービスに関する発表会」を開催する予定ですが、日本経済新聞が、同社は2021年3月にも、月額2980円の新料金プランの提供を開始するようだと報じています。

その新プランのデータ容量は20GBで、手続きをオンラインで完結する割安プランとなっており、ソフトバンクの通信回線を使用し、1回につき5分まで無料通話も含まれ、NTTドコモが発表した「ahamo」に対抗するプランとなる模様。

また、傘下の仮想移動体通信事業者(MVNO)のLINEモバイルを吸収合併して、ソフトバンクが新サービスを開始する仕組みとなっています。

さらに、「ソフトバンク」と「ワイモバイル」の2つの料金体系でも追加の値下げ策を検討しており、上述した新プランの投入に合わせて、料金体系を刷新する見通し。

なお、詳細は明日に発表される予定です。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。