「iPhone 13」シリーズ、Proモデルは120Hzディスプレイを搭載か

韓国のThe Elecが、情報筋の話として、来年発売される「iPhone 13」シリーズの4モデルのうち2モデルのディスプレイには低温多結晶酸化物(LTPO)と薄膜トランジスタ(TFT)技術が採用され、ディスプレイのリフレッシュレートは120Hzになるだろうと報じています。

120Hzディスプレイを実現するためにはLTPO技術が必要とのことで、4モデル中2モデルということは、120Hzディスプレイは”Pro”モデルのみに限られる可能性が高そうです。

また他にも、4モデルともタッチパネル機能をガラス基板上に作り込む方法のオンセルタッチスクリーンを採用するとも報じられています。

なお、「iPhone」向けの有機ELディスプレイは、韓国のSamsung DisplayとLG Displayの2社が供給していますが、来年には中国のBOEも参入する可能性があり、BOEはAppleの審査で2度失敗しており、同社がAppleのサプライチェーンに参加出来るかどうかはまだ分からないものの、2021年前半に改めて申請する模様。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。