「iPhone 13」シリーズは「A15」チップ搭載で、例年通り9月に発表か

MacRumorsによると、Apple関連の情報ではお馴染みのアナリストのMing-Chi Kuo氏が、A15チップを搭載した次期「iPhone」は昨年までと同様に9月発売のスケジュールに戻るだろうと予測していることが分かりました。

今年は新型コロナウィルスによる行動制限の影響で、「iPhone 12」シリーズの量産開始が9月にずれ込み、発表・発売も例年より1ヶ月遅れるような形となりましたが、来年発売される「iPhone 13」シリーズはこれまでと同様に初夏に量産が開始されるだろうと予測しています。

新型コロナウィルスのパンデミックがまだ収まった訳ではない為、今後どうなるのかはまだ不透明な部分もありますが、来秋に発売されることは間違いないので気長に待つしかなさそうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。