「Surface Pro 8」もしくは「Surface Laptop 4」とみられるデバイスのベンチマークデータが明らかに

Microsoftは来年1月に「Surface Pro 8」と「Surface Laptop 4」を発表すると噂されていますが、本日、その「Surface Pro 8」もしくは「Surface Laptop 4」とみられるデバイスのベンチマークデータが明らかになりました。

Windows Latestによると、GeekBench 5のデータベースに2つの未発表の新型「Surface」のデータが投稿されており、まず「OEMWY」というコードネームが付けられたデバイスは「Surface Pro 8」か「Surface Laptop 4」とみられており、Intelの第11世代Coreプロセッサ(Tiger Lake)の「Core i7-1185G7」を搭載しています。

もう1つは「OEMGR」というコードネームが付けられており、プロセッサは2019年に発売された「AMD Ryzen 7 3780U」を搭載していると記載されているものの、コードネームの欄には「Renoir」と書かれていることから、Zen 2 CPUとVega GPUのマイクロアーキテクチャをベースにしたAMDの「Renoir」が搭載される可能性があるとみられています。

これらのデータはあくまで試作機のデータである可能性もあり、製品版がどのような仕様になるのかはもう少し様子をみる必要がありそうです。

スポンサーリンク

関連エントリ

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。