JCBデビットカード、新たに16行が「Apple Pay」に対応

本日、JCBが、JCBデビットカードを発行する秋田銀行などの16行が、新たに「Apple Pay」に対応したことを発表しました。

新たに「Apple Pay」に対応したのは、秋田銀行、阿波銀行、池田泉州JCB、愛媛銀行、大垣共立銀行、鹿児島銀行、北九州銀行、九州カード、紀陽銀行、京都銀行、名古屋銀行、広島銀行、北洋銀行、北陸カード、もみじ銀行、山口銀行の16行で、すでに対応済みの13行に加え、合計29行のJCBデビットカードが「Apple Pay」に対応したことになります。

また、本日より対応発行元のJCBデビットカードに新規で入会し、「Apple Pay」または「Google Pay」を利用し、条件を満たしたユーザー全員に利用金額の20%をキャッシュバック(最大5,000円)するキャンペーンも2021年2月28日(入会期間は1月31日まで)まで期間限定で実施されます。

なお、詳細は下記リンク先をご覧下さい。

キャンペーンページ – JCB

[via BITDAYS

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。