「iPad Pro」、来年後半には有機ELディスプレイを採用したモデルが登場か

The Elecが、Appleは来年発売する次期「iPad Pro」において有機ELディスプレイを採用する準備を進めていることが分かったと報じています。

現在、「iPhone」向けに有機ELパネルを供給しているSamsung DisplayとLG Displayは、2021年後半に発売される可能性が高い次期「iPad Pro」用の有機ELパネルの開発を進めているようです。

Samsung Displayは「iPad」用の有機ELディスプレイを生産するために、牙山市にある工場の生産ラインの1つを改修していたようで、LG Displayは自動車向けの有機ELディスプレイを生産している亀尾市の工場で生産する模様。

ただ、Appleが「iPad Pro」に有機ELディスプレイを採用する計画は、2021年前半に発売されると言われている新型「iPad Pro」でのミニLEDディスプレイの採用規模により遅れる可能性もあるとのこと。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。