M1チップ搭載「Mac mini」、将来的に10ギガビットイーサネット対応モデルが追加される可能性も??

先日発売されたM1チップ搭載「Mac mini」には10ギガビット・イーサネットが搭載されていないのですが、MacRumorsによると、Appleの認定サービスプロバイダ向けの部品発注システムに10ギガビット・イーサネットを搭載したM1チップ搭載「Mac mini」用のロジックボードが掲載されていることが分かりました。

同サイトが入手した認定サービスプロバイダ向けの部品リストに10ギガビット・イーサネットを搭載したM1チップ搭載「Mac mini」向けのロジックボードが掲載されているとのことで、ロジックボード自体は注文可能であるものの、数量限定となっており、現時点でなぜ10ギガビット・イーサネットを搭載したロジックボードが用意されているのかの理由は不明。

10ギガビット・イーサネットは前モデルであるIntel製プロセッサ搭載モデルには搭載されており、同モデルはM1チップ搭載モデルと並行して販売が継続されています。

MacRumorsでは、誤って掲載されたか、当初は10ギガビット・イーサネットを搭載する予定で動いており、その後、搭載しないとの決定を下す前に部品だけがリストアップされてしまったのではないかと予測していますが、10ギガビット・イーサネットを搭載したM1チップ搭載「Mac mini」が後日追加で発売される可能性もあるとも述べています。

Mac mini – Apple

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。