アシカン、どんな位置で置いても充電できるワイヤレス充電器「NOMAD BaseStation Pro」を発売

本日、合同会社アシカンが、ユーザーがホットスポットを探さず、どんな位置で置いても充電できるワイヤレスチャージャー「NOMAD BaseStation Pro」を発売しました。

「NOMAD BaseStation Pro」は、18個ものコイルと30以上の特許技術の組み合わせで、送信コイルや位置回路、チップセットの制御などを自動認識するaira社の最新テクノロジー「FreePower」を搭載しており、ホットスポット、マグネットなどにデバイス充電位置を縛られず、充電面のどこの位置に置いてもチャージ可能となっています。

そのことから、パッド上のどんな位置に置いても「iPhone」の充電が可能となることはもちろん、何かの弾みでデバイスがずれて充電できなくなるといった、ワイヤレスチャージャーにおける現状の問題も解消しています。

また、2台の「iPhone」の同時充電や「AirPods Pro」と組み合わせた複数デバイス(最大3台まで)の同時充電も可能で、本体充電用に30W USB-C PDを搭載し、各デバイス向けのワイヤレス充電は最大7.5Wとなっており、本体の厚みは約1.27cmで、ボディにはアルミ、充電面に高級レザーパッドを採用しています。

さらに、専用アプリ「FreePower Updater」と連携させてMacに接続することで、本体のテクノロジーを継続的に改善し、対応デバイスや新しい機能をアップデートで追加することが可能となっています。

他にも、「Apple Watch」も同時充電するための「Apple Watchマウント」も製造中で、本製品の購入者には後日無償で発送されます。(2021年3月の予定)

なお、価格は29,800円(初回特別価格/税別)で、Tokyo Macなどで販売されます。

NOMAD BaseStation Pro – Tokyo Mac

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。