Apple、「Final Cut Pro 10.5」をリリース

本日、Appleが、「Final Cut Pro」をアップデートし、最新版のバージョン10.5をリリースしています。

今バージョンでの変更点は下記の通り。

  • Appleシリコン搭載のMacコンピュータでのパフォーマンスおよび効率が向上
  • Appleシリコン搭載のMacコンピュータで、Apple Neural Engineを使用したスマート適合の機械学習分析が高速化
  • ライブラリのコピーを作成して、メディアをさまざまな解像度でProResプロキシまたはH.264に自動的にトランスコード

なお、同アプリの価格は36,800円ですが、既存のユーザーはMac App Store(ソフトウェアアップデート)よりアップデート可能です。

Final Cut Pro – Apple

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。