M1チップを搭載した新型「MacBook Air」のベンチマークデータが明らかに − 「MaBook Pro 16インチ」以上の性能か

9To5Macによると、M1チップを搭載した新型「MacBook Air」のものとみられるGeekBenchのベンチマークデータが明らかになりました。

投稿された情報によると、M1チップの動作周波数は3.2GHzとなっており、スコアはシングルコアは「1687」、マルチコアは「7433」となっています。

シングルコアのスコアは現行のMacで一番高い「iMac (27-inch Retina Mid 2020)」のスコアである1251を上回っており、マルチコアのスコアは「MacBook Pro (16-inch Late 2019)」を上回っています。

なお、GeekBenchは主にCPUの性能を測定するベンチマークとなっています。

Apple公式サイト
MacBook Pro 13インチ – Apple
MacBook Air – Apple
Mac mini – Apple

5 COMMENTS

taka8aru

この結果はRosetta 2のエミュレーション下での結果のような気がします
ネイティブになるとどうなるのか。。。

匿名

Geekbench 5.3.0でAArch64ってなってるからネイティブの数値だと思うよ。

匿名

GPUの結果も見ましたが、コスパよさそうですね(Macでは)

匿名

あれ?
もうインテルもAMDもいらないんじゃね?
PS6はARMコアで確定だな

現在コメントは受け付けておりません。