新型「MacBook Air」、「Spotlight」や「おやすみモード」などの専用キーを新たに搭載

本日、Appleが、「M1」チップを搭載した新型「MacBook Air」を発表しましたが、その新型「MacBook Air」ではキーボードのファンクションキーに割り当てられた機能が一部新しくなっていることが分かりました。

新型「MacBook Air」のファンクションキーは、F4に「Spotlight」、F5に「音声入力」、F6に「おやすみモード」の専用キーが新たに用意されています。

これまでの「MacBook Air」ではF4に「Launchpad」、F5とF6にはキーボードバックライトの明るさを調整するための専用キーが搭載されていました。

これにより、新型「MacBook Air」でキーボードバックライトの明るさを変更するには、「macOS Big Sur」から新たに搭載されるコントロールセンターで行う必要があります。

さらに、新型「MacBook Air」と新型「MacBook Pro 13インチ」の左下のファンクションキーには新たに地球儀アイコンが追加されており、どのような動作になるのかは不明ですが、絵文字入力画面を表示するなどの機能が搭載されているのかもしれません。

Apple公式サイト
MacBook Pro 13インチ
MacBook Air
Mac mini

[via 9To5Mac

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。