「iPhone 12」にはリバースワイヤレス充電機能が隠されている?? − FCC提出資料から明らかに

9To5Macによると、FCC(米連邦通信委員会)に提出された「iPhone 12」の資料から、同製品でリバースワイヤレス充電機能が利用可能になる可能性があることが分かりました。

FCCに提出された資料には、通常のワイヤレス充電の他に、360kHzによるアクセサリの充電機能が記載されており、現時点では「iPhone 12」シリーズは同機能は利用出来ないものの、将来的にアップデートで利用可能になる可能性が浮上しました。

同機能は「iPhone 12」の背面にワイヤレス充電に対応したアクセサリを置くことで充電出来るといったもの。

なお、なぜ隠されているのかは不明ですが、BloombergのMark Gurman氏は、次期「AirPods」と次期「AirPods Pro」向けの機能ではないかと予想しており、この予想が正しければ来年の次期「AirPods」シリーズの発売に合わせて有効化される可能性があります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。