「iPhone 12」と「iPhone 11」の画面ガラスの強度比較テスト映像

昨日に発売された「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」のディスプレイにはセラミックシールドと呼ばれるディスプレイのガラスの耐久性を向上させる技術が採用されていますが、YouTuberのMobileReviewsEh氏が、「iPhone 12」と「iPhone 11」の画面ガラスの耐久性を調査した比較テストの映像を公開しています。

セラミックシールドは、ほとんどの金属よりも硬い、ナノセラミッククリスタルがガラスに組み込まれている他、擦り傷、引っかき傷、日々の摩耗から守れるように、背面のガラスに使用されている二重イオン交換プロセスを前面にも取り入れ、耐久性を向上させたものとなっています。

テストでは、フォースゲージとモース硬度キットを用いて画面ガラスの強度をテストしており、まずはフォースゲージを使用した場合、「iPhone 11」は352ニュートンの荷重でディスプレイが割れてしまったものの、「iPhone 12」は442ニュートンまでの荷重に耐え、「iPhone 11」よりも強度が向上していることが分かります。

次に、モース硬度キットを利用したテストでは、「iPhone 11」ではモース硬度”6″で傷がつき始めたものの、「iPhone 12」はモース硬度”7″から薄らと傷がつき始め、”8″で大きな傷がつく結果となりました。

[via Apple Insider

「iPhone 12」シリーズの購入はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。