「iOS 14」のデフォルトのブラウザ/メールアプリ変更機能、今度はアプリをアップデートすると設定がリセットされるバグが明らかに

「iOS 14」ではデフォルトのブラウザとメールアプリをサードパーティ製アプリに変更することが可能になったものの、アプリをアップデートするとこの設定がリセットされてしまうことが分かりました。

「iOS/iPadOS 14」のリリース当初、同機能を利用してデフォルトのアプリを変更しても、iOSデバイスを再起動すると設定がリセットされてしまうバグが見つかり、このバグは修正されたのですが、今度はデフォルトのアプリに設定したサードパーティ製アプリ自体をアップデートすると折角設定した内容がリセットされてしまうことが分かりました。

このバグは「iOS 14.1」で確認されており、「iOS 14.2 beta」では既に修正されているとみられている為、「iOS 14.2」の正式リリースと共に修正される模様。

[via MacRumors

「iOS 14」のデフォルトのブラウザおよびメールアプリを変更出来る機能、再起動を行うと設定がリセットされることが明らかに