「iOS 14」のデフォルトのブラウザ/メールアプリ変更機能、今度はアプリをアップデートすると設定がリセットされるバグが明らかに

「iOS 14」ではデフォルトのブラウザとメールアプリをサードパーティ製アプリに変更することが可能になったものの、アプリをアップデートするとこの設定がリセットされてしまうことが分かりました。

「iOS/iPadOS 14」のリリース当初、同機能を利用してデフォルトのアプリを変更しても、iOSデバイスを再起動すると設定がリセットされてしまうバグが見つかり、このバグは修正されたのですが、今度はデフォルトのアプリに設定したサードパーティ製アプリ自体をアップデートすると折角設定した内容がリセットされてしまうことが分かりました。

このバグは「iOS 14.1」で確認されており、「iOS 14.2 beta」では既に修正されているとみられている為、「iOS 14.2」の正式リリースと共に修正される模様。

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。