DJI、小型ジンバルカメラ「DJI Pocket 2」を発表

本日、DJIが、小型ジンバルカメラ「DJI Pocket 2」を発表しました。

本製品は、 「DJI Osmo Pocket」 の後継モデルとなっており、3軸ジンバル機構を搭載し、スムーズなパンやチルトなどが可能です。

センサーは、1/2.3インチ1200万画素から1/1.7インチ6400万画素に刷新され、高画素を生かした最大8倍のデジタルズームに対応し、レンズは35mm換算で20mm F1.8と、前モデルよりも広角となっています。

また、HDR動画や240fpsのスローモーション撮影にも対応しており、最大動画ビットレートは100Mbpsで、被写体を自動で追随する「Active Track 3.0」や、ショートクリップを生成する「ストーリーモード」、4つのマイクでサラウンドやズーム連動収録に対応する「DJI マトリックスステレオ」、タイムラプス、AI編集などが利用可能です。

さらに、アクセサリでの機能拡張に対応しており、スマートフォンとのドッキングや、ジンバルを任意の方向に操作できる「ミニ操作スティック」、Wi-Fi&Bluetoothモジュール、オーディオジャック、ワイヤレスマイクレシーバー、外部スピーカー、三脚マウントを内蔵した「Do-It-Allハンドル」、専用のワイヤレスマイクなどが用意されています。

なお、価格は49,500円(税込)となっており、公式ストアやAmazonで購入可能です。

DJI Pocket 2 – DJIストア
DJI Pocket 2 – Amazon

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。