Microsoft、新しい「Outlook for Mac」を展開開始

WindowsUnitedによると、Microsoftが、新しい「Outlook for Mac」の展開を開始したことが分かりました。

新しい「Outlook for Mac」は、シンプルさを重視したデザインとなっており、表や画像を挿入する機能が追加されたことで、新しいメッセージをすばやく作成出来る他、新規メッセージ作成エリアでリッチテキストエディターが使用できるようになり、メインウィンドウから離れる必要がなくなっています。

また、「Outlook for iOS/Android/Windows」で使用されている同期技術が採用され、Office 365、Outlook.com、Google アカウントとMicrosoft Cloudが高速で同期されるようになっており、より関連性の高い検索結果の表示や、メールの読み込み時間の短縮など、Office 365の最新かつ最高の機能が利用可能な他、カレンダーと検索機能の改良や「macOS Big Sur」への対応も行われています。

App Storeから「Outlook for Mac」をダウンロードすると、新しいバージョンを使用するかどうかを尋ねるポップアップが表示されるとのことですが、筆者の環境ではApp Store版も永久ライセンス版でもまだ利用出来ない為、順次展開開始なのかもしれません。

なお、Microsoftは先月に新しい「Outlook for Mac」を10月中旬に正式にリリースと発表していました。

Microsoft Outlook – Mac App Store

スポンサーリンク