人気RSSリーダーの最新版「Reeder 5」がリリース

本日、人気RSSリーダーアプリ「Reeder」の最新版である「Reeder 5」が正式にリリースされました。

「Reeder 5」では、新たにiCloud同期をサポートし、全てのフィードと記事をiCloudを使って同期出来るようになっています。

また、サードパーティ製サービス(Feedbin、Feedly、Feed Wrangler、FeedHQ、NewsBlur、The Old Reader、Inoreader、BazQux Reader、FreshRSS、Instapaper、Pocket)も引き続き利用可能で、他にも「iOS 14」のウィジェットへの対応やスクロールすると自動的に既読に出来る機能がオプションで用意されています。

なお、価格はiOS/iPadOS向けが610円、macOS向けが1,220円となります。

Reeder 5 – iOS App Store
Reeder 5 – Mac App Store

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。