「iPhone 12 Pro」のパフォーマンス、「iPhone 11 Pro」よりも20〜25%向上か − ベンチマークデータが多数投稿され始める

MacRumorsによると、GeekBenchのデータベースに「iPhone 12」シリーズのベンチマークデータが多数投稿され始めていることが分かりました。

「iPhone 12」シリーズは、機種IDの「iPhone13,2」「iPhone 13,3」「iPhone13,4」で表示されており、ベンチマークデータに表示されている仕様から「iPhone13,2」が「iPhone 12」、「iPhone 13,3」が「iPhone 12 Pro」、「iPhone13,4」が「iPhone 12 Pro Max」と考えられます。

「iPhone 12 Pro」のシングルコアのスコアは1,597、マルチコアのスコアは4,152となっており、「iPhone 11 Pro」のシングルコアの平均スコアは1,327、マルチコアの平均スコアは3,289なので、26%ほどパフォーマンスが向上しています。

また、「iPhone 12 Pro Max」についても「iPhone 11 Pro Max」に比べ20〜25%ほどパフォーマンスが向上しています。

GeekBench

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。