「iPhone 12」で120Hzディスプレイ搭載が見送られた理由はバッテリー駆動時間 − 5G対応を優先

「iPhone 12」では120Hzディスプレイの搭載が見送られたと言われていますが、その事を報告していた著名リーカーのJon Prosser氏が、120Hzディスプレイの搭載が見送られた理由について投稿しています。

同氏によると、120Hzディスプレイの搭載は来年発売の「iPhone 13」からになる予定で、搭載が見送られた理由はバッテリー駆動時間が関係しているとのこと。

「iPhone 12」は5G通信に対応する見込みですが、バッテリーの消費の問題から5G通信と120Hzディスプレイの両方を載せることは難しく、Appleは5G通信の方を選択したようです。