Microsoft、「Microsoft 4K Display Adapter」や新型キーボード/マウスなどを発表

本日、Microsoftが「Surface Pro X」の上位モデルや「Surface Laptop Go」を発表しましたが、その発表に合わせて新型キーボードの「Microsoft Designer Compact Keyboard」やディスプレイアダプタの「Microsoft 4K Display Adapter」などを発表しました。

「Microsoft Designer Compact Keyboard」は、小型で持ち運びに適したキーボードで、接続はBluetoothで、3つのデバイスと切り替えて利用することができ、カラーはブラックとホワイトの2色展開で、米国での価格は69.99ドルとなっています。

次に、「Microsoft 4K Display Adapter」は、WindowsデバイスからMiracastを利用して4Kで接続する際に利用できるワイヤレスアダプタで、新たに4K対応となり、米国での価格は69.99ドルとなっています。

また他にも、Bluetooth接続のテンキーパッド「Microsoft Number Pad」(24.99ドル)やエルゴノミックデザインを採用したBluetoothワイヤレスマウス「Microsoft Bluetooth Ergonomic Mouse」(49.99ドル)、「Microsoft Modern Mobile Mouse」の新カラーとして”サンズストーン”モデルの追加も発表され、これら製品は年末に向けて順次発売されます。

[via MSPU

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。