「Xbox Series X」の内蔵ストレージ、実際に利用可能な容量は802GB

11月に発売されるMicrosoftの次世代ゲーム機「Xbox Series X」ですが、「Xbox Series X」でユーザーが利用可能なストレージ容量は実質802GBであることが分かりました。

これはIGNのレビューによって明らかになったもので、「Xbox Series X」は内蔵ストレージとして1TBのSSDが搭載されていますが、システムソフトウェアなどが使用する部分を除いた実質的に利用可能なストレージ容量は802GBとなっています。

また、「Xbox Series X」と「Xbox Series S」向けには、拡張ストレージとして「1TB Seagate 拡張カード」が別途販売されますが、同カードの実際のストレージ容量は920GBであることも分かりました。

[via MSPU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。