iFixit、「Apple Watch Series 6」の分解レポートを公開

iFixitが、先日発売された「Apple Watch Series 6」の分解レポートを公開しています。

前モデルである「Apple Watch Series 5」との違いは感圧タッチ機能が非搭載となったことから、それに関連するガスケット部品が無くなったことで分解手順が僅かに簡略化されており、Taptic Engineが大きくなっているものの、フレーム部分の改良などにより本体の厚みは0.34㎜薄くなっているそうです。

また、バッテリー容量が僅かに増加しており、40mmモデルが1.024Wで8.5%増、44mmモデルが1.17Whで3.5%増となっています。

なお、修理し易さを示すスコアは10点満点中6点となっています。

Apple Watch Series 6 Teardown – iFixit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。