「iPad (第8世代)」のGeekBenchのベンチマークスコアが明らかに − 「A12 Bionic」チップは「iPad mini (第5世代)」や「iPhone XR」などと同じ仕様か

本日、Appleが「iPad (第8世代)」を発売しましたが、その「iPad (第8世代)」のGeekBench 4のベンチマークスコアが明らかになりました。

これはiDownload BlogのHarris Craycraft氏がTwitterで公開したもので、「GeekBench 5」ではなく「GeekBench 4」のベンチマークスコアで、シングルコアのスコアは4793、マルチコアが9731となっており、「iPad (第7世代)」のスコアが3500/6000ほどであることから、シングルコアで約35%、マルチコアで約60%、パフォーマンスが向上しています。

また、搭載されている「A12 Bionic」チップの動作周波数は2.49GHz、メモリは3GBとなっており、恐らく「iPhone XR」や「iPad mini (第5世代)」や「iPad Air (第3世代)」に搭載されていた「A12 Bionic」チップと全く同じ仕様であることが予想されます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。