「Google ドライブ」、10月13日以降はゴミ箱に入れられたファイルを30日後に自動削除へ

本日、米Googleが、「Google ドライブ」のゴミ箱にあるファイルに関するポリシーを変更し、2020年10月13日以降はゴミ箱に移動させたファイルは30日経過すると自動で完全に削除され、復元できなくなることを発表しました。

これまではゴミ箱に入れているファイルはユーザー自身が削除するまで無期限に保持されており、そのファイルの容量もストレージ容量に含まれていました。

2020年10月13日以降はゴミ箱に入れたファイルは30日後に自動的に削除される為、注意が必要です。

Google Drive trash items will be automatically deleted after 30 days starting on October 13, 2020
Google ドライブのファイルを削除、復元する – Google

[via 9To5Google

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。