米Best Buyで「iPhone SE Plus 2020」用とされるスクリーンプロテクターが販売されていた模様

MacRumorsなどによると、米Best Buyにて「iPhone SE Plus 2020」用とされるスクリーンプロテクターが販売されていることが分かりました。

既に当該製品は削除されてしまったのですが、製品名は「Insignia – Glass Screen Protector for iPhone SE Plus 2020 – Clear」となっており、「iPhone SE Plus 2020」だけでなく「iPhone 8 Plus/7 Plus/6 Plus」にも対応しているのが特徴。

「iPhone SE Plus」に関しては以前より噂があるデバイスで、「iPhone 11」シリーズのような全面ディスプレイのデザインであるもののFace IDは採用せず、本体側面の電源ボタンにTouch IDを内蔵すると噂されていましたが、今回明らかになったスクリーンプロテクターの形状を見る限り、ノッチとホームボタン用の切り欠きが用意されています。

また、Face IDを搭載しないことから画面上部のノッチが小型化されるとも噂されていますが、今回明らかになったスクリーンプロテクターのノッチ部分の切り欠きも左側に偏ったデザインとなっており、これまでの「iPhone」のノッチの形状とは少し異なっています。

削除されたことから少し怪しいですが、ノッチとホームボタン有りのデバイスになるのでしょうか。

「iPhone SE Plus」は2021年後半に発売か − 全面ディスプレイと電源ボタン内蔵型のTouch IDを採用??

「iPhone SE Plus」は来年3月に発表か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。