「iPhone 12」の5.4インチモデルはノッチの幅が僅かに狭くなる??

MacRumorsによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、「iPhone 12」シリーズに関する最新の情報を公開したことが分かりました。

「iPhone 12」シリーズは、これまでの噂通り、5.4インチモデルが1機種、6.1インチモデルが2機種、6.7インチモデルが1機種の計4モデル構成になり、5.4インチモデルのみ、時刻やアンテナピクト(電波強度)を適切に表示するためにノッチの幅が僅かに狭くなるようで、他の3モデルについてはノッチは「iPhone 11」シリーズと同じサイズになるとのこと。

また、「iPhone 12」シリーズの全てのモデルが5Gに対応する予定であるものの、5Gの2つの周波数帯「サブ6」と「ミリ波」をサポートするモデルと、「サブ6」のみをサポートするモデルがあり、「サブ6」をサポートするモデルは10月上旬〜下旬のうちに大量生産が開始される予定で、全てのモデルが120Hzのリフレッシュレートのディスプレイを搭載しないそうです。

さらに、明日のイベントでは「Apple Watch」と「iPad Air」の新モデルが発表され、「Apple Watch Series 6」は「Series 5」と同じデザインで、新機能として血中酸素濃度の測定機能が特徴になると予想しており、「Apple Watch」のデザインが大幅に刷新されるのは2021年後半に発売される「Series 7」と予想しています。

なお、新型「iPad Air」については、本体側面の電源ボタンにTouch IDが内蔵されるものと予想されています。