Apple Siliconを搭載した「MacBook 12インチ」が年内登場との噂

Appleは年内にApple Siliconを搭載したMacを発表する予定ですが、China Timesによると、Apple Siliconを搭載した初のMacは12インチの「MacBook」になる可能性があることが分かりました。

12インチの「MacBook」には、「Tonga」というコードネームで呼ばれている「A14X」チップが搭載される予定で、本体重量は1㎏以下となり、バッテリー駆動時間は15〜20時間になる模様。

また、「A14X」チップは既に完成しており、台湾TSMCの5nmプロセスで年内に量産が開始されるとのこと。

さらに、Appleは「Lifuka」というコードネームで呼ばれている独自GPUも開発中で、このGPUは2021年後半に発売される次期「iMac」に搭載されるようです。

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。