任天堂、SoCとメモリを変更した「Nintendo Switch」の新モデルを投入か(追記)

任天堂は来年にも新型「Nintendo Switch」を投入すると噂されていますが、本日、任天堂がFCC(米連邦通信委員会)に提出した書類から、SoCやメモリなどを変更した「Nintendo Switch」を準備していることが分かりました。

同社は2020年8月12日付けでFCCに登録内容の変更要求に関する書類を提出しており、従来機からの変更点はSoCとメモリで、この変更によりCPUボードも変更したことを通知しています。

また、本体デザインやアンテナの位置などの変更はないことから、無線機器の発売に必要なSAR(比吸収率)試験は不要で免除となる旨も記載されています。

変更内容を見る限りは内部仕様のアップデートであることから、見た目はそのままでパフォーマンスが改善されたモデルが年内にも投入されるということでしょうか。

【UPDATE】
その後、コメントにて教えて頂きましたが、今回のデバイスは開発者向けの「Nintendo Switch(HAT-002)」のものに関する情報の為、残念ながら一般ユーザー向けに発売されるモデルの情報ではないそうです。

[via FCC / WCCFTech

スポンサーリンク