「iPhone 12 Pro Max」はやはり120Hzディスプレイを搭載か − 可変リフレッシュレート機能もオン/オフ可能に??

以前より「iPhone 12」ではディスプレイのリフレッシュレートが120Hzになるとの噂がありますが、本日、著名リーカーのJon Prosser氏が、「iPhone 12 Pro Max」には120Hzディスプレイや可変リフレッシュレート機能が搭載されることを示唆するスクリーンショットを公開しています。

同氏が公開したのはPVT段階(生産検証試験段階)の「iPhone 12 Pro Max」の「設定」アプリのスクリーンショットで、ディスプレイの設定項目の中に「Enable High Refresh Rate(高リフレッシュレートを有効化する)」や「Enable Adaptive Refresh Rate(リフレッシュレートの自動切替を有効化する)」といった項目が用意されています。

リフレッシュレートの自動切替機能は、ディスプレイのリフレッシュレートが60Hzから120Hzの間で自動的に最適な状態に設定してくれるようです。

また他にも、カメラの設定項目には「4K/120fps」と「4K/240fps」の動画撮影モードに関する設定や、LiDARセンサーを搭載することが確認出来る設定項目が追加されていることも確認出来ます。

ただ、あくまでテスト機の情報の為、製品版にこれらの機能が搭載されるのかどうかはまだ分かりません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。