Apple、「Final Cut Pro 10.4.9」をリリース

本日、Appleが、「Final Cut Pro」をアップデートし、最新版のバージョン10.4.9をリリースしています。

th_finalcutpro102

今バージョンでの変更点は下記の通り。

改善されたプロキシワークフロー

  • カスタムフレームサイズ(1/8、1/4、1/2)またはフル解像度でプロキシメディアを生成
  • プロキシメディアをProResプロキシまたはH.264で作成することを選択可能
  • プロジェクト内の一部のクリップでプロキシメディアを利用できない場合は、オリジナルまたは最適化済みメディアを表示することを選択可能
  • ライブラリのプロキシのみのコピーを作成して、持ち出しやすくしたりパフォーマンスを向上したりすることが可能

ソーシャルメディアツール

  • 正方形または縦長配信用にスマート適合で自動的にプロジェクトを変換
  • “変形”オーバースキャンを使って、拡大/縮小、回転、配置するときにビューアの枠外にあるメディアを表示
  • 正方形または縦長フレーム内でテキストやグラフィックスを配置するときに、オンスクリーンガイドとしてカスタムオーバーレイを追加
  • 新しい“プロジェクトを別名で複製”コマンドをスマート適合と組み合わせて使用することで、既存のプロジェクトのソーシャルメディアバージョンを素早く作成

その他の新機能

  • インスペクタの新しいコントロールを使用して、ProRes RAWカメラ設定(ISO、色温度、露出オフセットなど)を調整
  • メニューコマンドまたはキーボードショートカットを使って隣接するクリップのオーディオに1ステップでクロスフェードを適用
  • タイムライン上部にある新しいドロップダウンメニューで“プロジェクトを閉じる”コマンドを使って、プロジェクト履歴を消去
  • リスト表示でクリップやプロジェクトを最終変更日の順序で並べ替え
  • 360°ビューアで、ステレオスコピックの360° 3Dビデオの左目用と右目用のビューを同時にプレビュー
  • インスペクタ内の1クリックツールで360°ビデオを簡単に手ぶれ補正

なお、同アプリの価格は36,800円ですが、既存のユーザーはMac App Store(ソフトウェアアップデート)よりアップデート可能です。

Final Cut Pro – Apple
 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。