「iPhone 12 Pro」、ベゼルがより狭く、Face IDの認識範囲も拡大か

著名リーカーのJon Prosser氏が、「iPhone 12 Pro」シリーズのデザインなどの詳細を公開しています。

同氏によると、「iPhone 12 Pro」シリーズはTrueDepthセンサーは現行と同じサイズで、ディスプレイ周りのベゼルがより狭くなることにより、ディスプレイが占める面積が僅かに大きくなり、ノッチのサイズは変わらないもののノッチが小さく見えるようになっているそうです。

また、Face IDの認証範囲がより広角になり、机の上にフラットに置いた状態でも認識してくれるようになる模様。

さらに、本体側面はフラットなデザインであるものの、ディスプレイガラスのエッジ部分は僅かにカーブを描いているようで、リアカメラのモジュールは10%大きくなっているそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。