Fitbit、新型スマートウォッチ「Fitbit Sense」を発表 − ストレス管理や皮膚温測定機能を搭載

本日、Fitbitが、新型スマートウォッチ「Fitbit Sense」を発表しました。

「Fitbit Sense」は、2017年に発売された「Fitbit Ionic」の後継モデルで、デザインは「Versa」がベースになっており、特徴としては心電図(ECG)と皮膚電気活動(EDA)の2つのセンサーを搭載し、心電図の測定やユーザーのストレスレベルを測定することが可能です。
(心電図機能は現時点では日本ではまだ利用出来ない模様)

また、AMOLEDディスプレイや皮膚温センサー、6日以上もつバッテリー、GoogleアシスタントとAmazon Alexaなどを搭載しています。

米国での価格は329.95ドルからで、9月下旬に出荷が開始されます。

なお、日本での価格は39,990円で、公式サイトでは近日発売と案内されています。

Fitbit Sense – Fitbit

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。