Google、「Google マップ」の地図デザインの改良を発表 − 自然の特徴や道路の詳細情報がより分かり易く

本日、米Googleが、「Google マップ」の地図のデザインの刷新を発表しました。

[左が旧デザイン、右が新デザイン]

デフォルトの地図のカラーリングが、自然の特徴をより反映させたカラーリングになるとのことで、砂浜、砂漠、森林などが色分けで視覚的に分かりやすくなる他、山の冠雪も白で表示されるようになります。

この変更は今週から全世界のユーザー向けに展開が開始されます。

また、一部の都市(ニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドン)の市街図も今後数ヶ月でアップデートされ、道路の形状や幅がより正確に表示されるようになる他、歩道や横断歩道、安全地帯も表示されるようになり、このアップデートは今後段階的に対応する都市が拡大されていく予定です。

[左が旧デザイン、右が新デザイン]
スポンサーリンク

関連エントリ

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな40代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。